コミュニティスペース「ほっとハウス」

>>主な事業紹介へもどる


詳しくはほっとハウスのサイトをご覧ください。
 

ほっとハウスとは

皆が使えるコミュニティスペース。商店街の空き店舗を活用し、地域活性化にも貢献できるようにさまざまな事業を展開。
誰もが暮らしやすい社会をつくることを目指す、NPO法人まいづるネットワークの会が運営しています。

事業の3本柱

チャレンジ支援 (自主事業)

チャレンジショップほっと(※1)
おもに子育てや介護等でキャリアを中断されがちな女性のための、起業等チャレンジの場。手軽にトライ→育成へ。

身近な生活圏でのコミュニティの創出 (自主事業)

コミュニティカフェほっと(※1)
観光客・転勤族・エココンシューマー・シニアなど多様な人が集まる場。情報や人と人とが交差するフリースペース。
なじみの喫茶店のおばちゃんのように、スタッフは、仕事をしながらさりげなく人をつなぎ交流を促す。

子育て支援 (受託事業)

親と子のひろば ほっと(※2)
おおむね0~3歳の子と保護者等のための、交流・相談・援助・情報提供の場。
多世代交流・父親支援・公園等での見守り等、地域の子育て力を高める取り組みも実施。

その他の機能

エコ拠点

資源ごみ回収
資源ごみの受け入れ等を開始。その他、ここでも廃食油回収と重層普及事業を実施。

1.資源ごみの受け入れ
営業時間内に店内に持ち込んでください。
(保管スペースに限りがあるため、できる方は回収業者さんへの直接搬入をお願いします)
2.廃食油の受け入れ
店外の専用ポリタンクに廃食油を揚げカスごと移し替えてください。植物油に限ります。水分厳禁。
(油を入れて持って来られた容器は持ち帰ってください)
3.重曹普及事業
重曹の普及のため、実費(500mlペットボトル入り500円)でお分けしています。重曹の使い方を書いた紙もプレゼントします。

地域資源を使った食の開発

食の地域ブランドの開発(※)

1.舞鶴かまぼこドック100円

 舞鶴名物かまぼこのすり身と万願寺を使用。

2.舞鶴肉じゃがコロッケドッグ300円

 舞鶴名物肉じゃが味のコロッケを使用。
舞鶴かまぼこドック 舞鶴肉じゃがドック

(※ 1)印の事業には、平成21年度「舞鶴市商店街賑わい創業事業費補助金(商店街空き店舗創業事業)」及び平成21年度「京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金(京都府及び京都府市町村振興協会)」を活用しました。
(※2)印の事業は、舞鶴市から事業を受託しています。

>>主な事業紹介へもどる