【事業報告】男性と介護 講座 平成26年2月21日

1.事業名

舞鶴市男女共同参画センター学習啓発事業

2.担当者名

(責任者)上野   和美/ 西尾 直子

3.講座名

男性と介護 講座 ~仕事人間からケアメンになるまで~

講師:山内 輝昭さん(男性介護者を支援する会 代表)

4.実施日時

平成 26 年 2月 21日(金)    13:30 ~16:10

5.実施場所

フレアス舞鶴・多目的ルーム

6.実施内容

  • 家庭の事は妻に任せきっていた男性が、いきなり家事と介護を担うことになった現実。さまざまな葛藤と社会制度に対する不満。
  • 「男性介護者のつどいTOMO」を自ら立ち上げ、男性介護者同志の交流をとうしてメンタル面でのサポートを続けている。
  • 家事能力のない男性を支援するため、女性団体とも連携して講座をおこし、地域と男性がつながり、情報交換しながら支え合っていくしくみ作りをしている。
  • 介護保険制度を読み解くことの難しさ。行政・地域・企業の取り組み。

7.参加費

無料

8.参加人数

17 人(男性52 名)    (行政)2人  (マスコミ)  0人   託児0名

9.参加者の声

  • 介護経験者による生の声を聞いて、介護の現状や疑問点などわかりやすい話だった。自宅介護に限界を感じても頼れる場所はとても限られるので、前倒しの準備が必要だと感じた。
  • 介護には人が大切と言われたが、全く同感。介護の当事者だけでなく、ケアマネさんや家族、周りの人の力で最後まで豊かな人生が送れたら幸せ。
  • とても参考になる話を聞かせて頂いた。また、来ていただきたい。

10. 担 当 者 の 声・反省

  • 山内さんの行動力に感動した。介護者同志交流するだけでなく、現状を踏まえ行政や、関係機関にさまざまな提案をされていることを知った。
  • 男性5名の参加があり、さまざまな立場で意見を聞かせて頂いた。
  • フレアス舞鶴で活動されている介護の団体からも参加者があった。
  • 15:00までの予定が延長になり、電車の時間ギリギリまでお話いただいた。