【事業報告】保育サポーター養成・支援講座
平成25年6月6日~7月10日までの6回講座

1.事業名

フレアス舞鶴(舞鶴市男女共同参画センター) 学習啓発事業

2.担当者名

(責任者)上野 和美

(スタッフ)谷口 美和

(応援スタッフ)補助事務員

3.講座名

保育サポーター養成・支援講座

4.実施日時

平成25年6月6日~7月10日までの6回講座

5.実施場所

フレアス舞鶴・他(防災センターにて普通救命講習・舞鶴市中保育所にて見学)

6.実施内容

  • 第1回 6/6  保育サポーターの役割、コミュニケーション  勝見九重さん
  • 第2回  6/12 救急法・AED講習              東消防署員
  • 第3回  6/17 子どもの遊びと手作りおもちゃ        日置マリヤさん
  • 第4回  6/24 保育所見学                   中保育所長
  • 第5回  6/30 ≪公開講座≫ 自閉症スペクトラムとは?    諸戸雅治さん
  • 第6回  7/10 子どもの心身の発達・食生活・病気    健康増進課 小林係長
    舞鶴の子育て支援について       ファミサポ・チャイルドネット

7.参加費

有料(800円)   託児料(1人1回)300円

8.参加人数

受講生  15人  公開講座  59人  (マスコミ) 0人

9.参加者の声

  • 講義を聴くだけでなくロールプレイすることで、会話をする時の良し悪しを実感することができた。コミュニケーションを楽しく学べた。
  • 初めての救急法だったが、消防署の方が丁寧に教えて下さりよくわかった。想像していた以上に体力がいり大変だったが、何かの時に活かしたい。
  • 子ども目線での手遊びは大人でも楽しめた。身の回りにあるもので豊かに遊べることがよくわかった。
  • 「自己肯定感を育てる・保育の可視化」に時代の流れを感じ、先生方の努力に感謝。
    自然の中でのびのび友達と遊んでいる姿を見学することができ、よかった。
  • 自閉症の子どもの特性について何となく…だったことがエピソード例や専門的な講義を聞き良くわかった。
    習慣化することができればとても正確に作業できたり、興味を生かせばすごい能力を発揮するという、前向きなお話が聞けて良かった。
  • 乳幼児健診に携わっておられる保健師さんの話が聞けて良かった。
    親の生活習慣が子どもにとっていかに大切か!良くわかった。今後子どもや親の助けになれるようなことが出来たらと思った。

10.担当者の声・反省

  • 今回は16名の申込みだったが15名が受講。15名が講座修了。
  • 公開講座を決めるにも大学からの資料がなかなか届かず困った。
  • 町内回覧に講座募集チラシを入れることは効果大!来年度もお願いしたい。
  • 保育所実習はMR接種(6500~9000円)が必要となり今後の実施は難しい。